モーターの絶縁クラス

qa-pic01

モーターの絶縁クラスは、使用される絶縁材料に応じて、最大許容巻線温度を指します。 5つの一般的なレートがあります:A、E、B、F、およびH。各定格は、異なる程度の耐熱性を表します。使用中に最高温度抵抗を超えると、モーターが焼損したり、寿命が短くなったりする可能性があります。

一般的に、ICEモーターは絶縁クラスE(120°C)、B(130°C)およびF(155°C)を使用します。 IE3モーターの温度上昇は低くなりますが、それでもFクラスの絶縁を選択します。高温で運転した場合、モーターの耐久性が向上します。オーブンや電気キャリアモーターなどの特殊な用途には、モーターが高温に耐えるのに役立つHクラスの絶縁体を選択します。

 

電気機器の絶縁クラス

1977年、日本産業標準調査会の電気機器規則委員会は、電気絶縁のクラスについて議論し、モーター絶縁のクラスとその最大許容温度を明確にするために、JIS C 4003:電気絶縁のクラスを作成しました。

 

絶縁分類

クラスY:最大90°Cの温度に耐えます。通常、綿、絹、または紙でできています
クラスA:最大105°Cの温度に耐えます。ワニスまたは絶縁油を含浸させた強化クラスY材料
クラスE:120°Cまでの温度に耐えます
クラスB:最大130°Cの温度に耐えます。無機物を接着剤で固める形になっています。これは、この構造を使用した最初の絶縁体です。
クラスF:最大155°Cの温度に耐えます。たとえば、接着剤、シリコーン、およびより高い熱耐久性のアルキド樹脂ワニスでアップグレードされたクラスB材料で作られています
クラスH:最大180°Cの温度に耐えます。たとえば、シリコーン樹脂または同等の性能の接着剤で接着された無機材料でできている
クラスC:絶縁:180°C以上の温度に耐えます。 100%無機材料製上記のように、電気絶縁は最高許容温度に分類されます。耐熱性の高い絶縁技術を採用することで、電気楽器の小型化が可能です。
TOP