UL認定のプレミアム効率モーター

blog-ul-lab03

UL認定のプレミアム効率モーターはエネルギー消費量が少なく、米国のDOE(エネルギー省)によって承認されています。効率テストは、UL1004-1に基づくULエネルギー評価ラボで行われました。独自のULラボがあるため、必要な電圧と周波数をさらにテストできます。現在、標準のプレミアム効率モーターは、50Hzと60Hzの両方で200〜480Vの広い範囲の電圧で使用できます。さらに、UL認定のプレミアム効率モーターは、最小効率要件と公称効率の両方を満たしています。

 

ULプレミアム効率モーターとIE3モーター

Kuo ShuayのULプレミアム効率モーターもIE3モーターです。IEC 60034-30-1規格によれば、三相誘導電動機の効率レベルは、IE1(標準)、IE2(高)、IE3(プレミアム)、およびIE4(スーパープレミアム)として定義されています。IE1モーターと比較して、IE3モーターはより高い効率で動作し、より耐久性があり、エネルギーを節約します。

 

サービスケース:モーターをIE3にアップグレードし、エネルギーコストを節約します

顧客Fはアメリカの冷却ファン会社です。彼らの製品は主に換気のために工場に設置されています。ファンは1日長時間稼働するため、モーターをプレミアム効率(IE3)レベルにシフトすることを提案しました。ファンの価値を高め、エンドユーザーのエネルギーコストを節約することもできます。これは、工場に15KWモーターを10個設置した場合です。工場の所有者は、従来のモーターをIE3(プレミアム)モーターに変更した場合にどれだけ節約できるかを知りたいと考えています。省エネコストは以下で計算します。

 

省エネの例

11kW 4P 220V 60HZ仕様のIE3モーター10個、1日12時間、5年間(毎年365日稼働)。電気料金はUSD $ 0.17 / kWhです
 

省エネの例


モーターをIE1からIE3に変更すると、5年後に19150米ドルが節約されます。

参照:
省エネの例

記事の分類

キーワード検索

ニュースレターを購読します

名前
Eメール
TOP